2006年11月09日

喝!

福岡県筑前町の男子生徒がイジメを苦に自殺したことはまだ記憶に新しい。本当に痛ましい限りだと思っていたら、今度は、別の中学生が自殺の予告文を文部科学大臣宛に差し出していたことが分かった。
いったいこの国はどうなっているのだろうか、

何はともあれ手紙をを送った中学生君に言いたい!

あなたが苦しんでいることはよく分かる、でもあなたはその苦しみから逃げるのですか?自分だけ?

イジメなんて、かけっこで転んで出来た擦り傷のようなものです。
ほっとけば収まります。これから長い長い人生が始まるときに、ちょっとした擦り傷がイヤで自分の人生を終わってしまうのですか?あなたのご両親は大事に大事に今日まであなたを育ててきました。そのあなたが小さな擦り傷のために自らの命を終わってしまうのですか?

お父さん、お母さんはあなたをそんな弱虫に育てた覚えはありませんよ!

負けるな!負けるな!ドアホ!と言いたいです。

あなたがが苦しんでいることはお母さんも知っています、だからあなたと一緒に戦っているじゃないですか、ならばなおさら死ぬなんてことを言ってはいけません。
一緒に戦っているお父さん、お母さんを裏切ってはいけません。

私もテレビでみた限りしか文面を知りませんが、その文面からあなたの優しさは感じ取ったつもりです。

そんなあなたが死んだ後の両親の悲しむ姿は思い浮かびませんか?
いじめた同級生のことだけを思いながらあの手紙を書いたのですか?

かなりの量の手紙のようですが、それを書いている時、自分が惨めだとは思いませんか?
あなたも中学生なら、ご両親のお気持ちをもっともっと察してあげてほしいのです。

暗い、苦しいところだけを思い浮かべてはいけません。
楽しいこともあったでしょ、それを思い浮かべてください。

もし私が今、君の前にいたらぶん殴ってやる!ええかっこするんじゃない!てね。

どうしても学校がイヤなら学校を休めばいい、それでも収まらないなら学校を辞めてもいい。
とにかく死ぬなんてことを口にしてはいけません。死ぬ勇気があるなら、生き抜いて見せてやれ!

お前ら「へ」見たいなやつにいじめられたってどうっとこと無いよってね。

勇気とは「死ぬ勇気」よりも「生きる勇気」のほうがずっと大事でずっと大変です。

死ぬなんてことは、いつでも出来ます。いや、ほっとけば自然に死ぬんです、人間は。

これからの人生今あなたをいじめている連中を見返す機会はたくさんあります。負けるな!!

生きろ!生きろ!生き抜いて見せろ!


posted by qoo at 15:44| Comment(29) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。