2006年09月21日

飲酒運転が止まりません。

---------------------------------------------------------------------

不思議なことですね、1ヶ所で飲酒運転による大きな事故を起こせば
同じような事故が全国的に連鎖反応を起こしまうんですね。

よその事故は他人事、俺には関係ないなどと思いながら、酒を飲み
同じような事故を起こしてしまう。どうして明日はわが身として受け入れられないのか。

悪質なのは、事故を起こしていながらその場から逃げることです。
これは絶対に許せない、被害に遭われた方、遺族の方の心情を思えば本当にやりきれないでしょ。

私は思います、飲酒運転は過失ではない、故意です。
明らかに殺人です。

交通事故の場合2人殺しても、3人殺しても死刑にはなりません。
それはなぜ?過失だからです。
通常の、通り魔殺人などの場合3人も殺せば死刑です。

では過失とは何?この世に完璧な人はいません。ついうっかり間違いを犯すもの。
自分では意識しない、つまり無意識のうちに間違った行動をとっている、これを過失といいます。

裁判官、検察官の方、よくお考え頂きたい。
酒を飲んで、ちゃんと自分の車に乗って運転したということは、意識があるんですよね、無意識ではありません。

罪を憎んで人を憎まず、などは遠い遠い昔の日本人の美徳のようなものでした。

時代は大きく変わりました。

日本人は何か大きな国際的な事件があるとすぐに人命第一などといいますが、それはそれで結構。
でも、国内の刑法を見た場合、これほど、人命を軽視し、しかも被害者を無視した法律は他の国には無いのではと思う。

日本の法律も時代に即して変わるべきです。
いい加減にしてほしいですね。

ロト6で1等・2等を連続当選させたソフトとは?


個別コースに参加して人生が急に楽しくなりました

posted by qoo at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24141146

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。